弊所代理の特許権侵害訴訟案件、均等論の主張で勝訴

先頃、ある特許権侵害訴訟において、弊所はクライアントを代理し勝訴判決を得た。

本案は自転車のサドルに係るものであり、訴訟において、クレームの解釈と均等侵害の認定及び損害賠償額の確定が権利維持の成功へのキーポイントであり、難題でもあった。弊所の弁理士は堅実な業務能力により、法律と司法解釈の規定に基づき、クレームに対する合理的な解釈と詳細で充分な意見陳述を行い、均等論を適用させて、被告製品が当該特許の保護範囲に入っていることを詳しく分析した。また一方で、損害賠償額の確定に有利な証拠を入手し、損害賠償額の計算についても詳しく陳述した。最終的に、二回の法廷審理と法廷後の書面意見書の提出を経て、権利侵害停止の判決と法定賠償範囲でのより高い賠償金を得ることに成功した。