You are here

胡 剛

Print Vcard

執業資格

1997年 弁護士資格取得
1998年 特許弁理士登録
2000年 商標弁理士登録

作業言語

英語、中国語

学歴

1995年 北京農学院 経済管理学部 卒業

2002年 北京大学大学院法律研究科 修士学位 取得

2007年4月 米国BSKB法律事務所にて米国商標法実務研修

職務経歴

1995年 中国国際貿易促進委員会特許商標事務所 入所

作業分野

商標検索と監視、商標申請、商標専用権の行政保護、商標行政訴訟、商標侵害訴訟、商標侵害に関する法律的意見、商標許可業務、商標戦略コンサルティングおよび著作権および不正競争業務を提供する。             

胡剛は難易、複雑な商標事件の訴訟と非訴えの解決を得意とし、多くの国際的な有名会社の商標の権益を維持することに成功し、かつて商標評議委員会と裁判所で何度も取引先の名の商標の認定を得ることができ、いくつかの重大な影響を持つ事件が多くのメディアに広く報道されています。最近主催する知的財産権は、最高人民裁判所に年度指導例に選ばれた。

論文・講演

作者:アメリカ臨時申請研究(一)、『中国知的財産報』、1998年7月15日                         

作者:アメリカ臨時申請研究(2)、『中国知的財産報』、1998年7月22日            

作者:商標権と外観設計特許権の衝突、『知的財産権』、2002年第3期           

作者:登録商標は許可契約の届出のいくつかの問題を使用して、《中国の特許と商標》,2005年第3期            

作者:商標審査プログラムの同意書制度、『中華商標』、2005年第4期            

作者:どのように外国語の商標のために適切な中国語の商標を選択して、《中国の特許と商標》,2008年第3期            

作者:中国裁判所は、外形立体商標の認定保護、「中国特許と商標」、2009年第1期            

作者:ローVerブランド買収での評価問題――中国自動車の自主国際ブランド発展の道、「中華ブランド」、2009年第1期            

作者:商品外形立体商標登録標準判断――「Zippo」案からの思考、「中国知的財産報」、2009年8月21日            

作者:マドリード商標国際登録システムの紹介と解読、「中国知識財産報」、2009年11月13日            

作者:侵害責任法の視点下の商標権保護、「中国知的財産報」2010年9月10日            

作者:外観設計特許と先立体商標権利衝突問題研究、「2010年中華全国特許代理人協会年会第1回知的財産権フォーラム-論文選編集」、2011年3月            

作者:アニメキャラクターのブランド保護、「中華ブランド」、2011年第9期            

作者:商標の使用を定義して、『知的財産権管理』、2012年中国特刊            

共通の作者:回避を申請する義務は商標評議プログラムに適用され、「中華ブランド」、2012年第8期            

作者:商標法の意味上の使用:「公開、真実、合法」―最近の司法判例解読、『中国特許と商標』、2012年第3期            

作者:商標代理サービスが多元化の時代に入り、「中国知識財産報」は2013年4月26日に            

作者:輸出の印紙加工における商標使用の法律問題―最近の関連司法裁判例によると、「中国特許と商標」は、2013年第2期            

作者:類似問題の重大な突破――北京の高級裁判所の1つの革新的な判決の分析、《世界の商標の評論》、2013年第43期            

作者:拒否-中国商標法の改正、『世界商標評論』、2014年1月            

作者:インターネット金融サービスに関する商標、「中国商工報」、2014年4月24日、第T 18版             

共通の作者:反淡化保護の重要な判例、『世界商標評論』、第49期、2014年6月            

共通の作者:拡大適用:利害関係者の判定の明らかな変化、「世界商標評論」、第52期、2015年1月            

作者:『商標法』第十五条第2項の適用は、「中華商標」2015年第2期            

作者:商号権の利害関係者認定---商標確定権の司法判例発展を視点に、「中国特許と商標」2015年第2期             

作者:色組み合わせ商標の申請と保護、「知的財産権」2015年第2期            

共同作者:中国からの商標所有者に対する有利な変革、『知的財産権管理』2015年4月特刊            

作者:渉外知的財産権行政訴訟原告主体資格の判断——最高法(2014)行提字第5号商標争議行政再審案、『中国知的財産報』2016年2月3日第009版            

作者:“一事不理”の原則は商標を無効にして確定権事件の中の適用を宣告して、《中華商標》2016年第7期

共通の作者:中国の名ブランドYKK異議再審行政再審のコメント-商品関連性、法律適用基準一致性、原則としての考察、「A.I.P.P.I. JAPAN」2017年8月号            

共通の作者: YKKの名商標は中国最高人民裁判所で司法認定と保護を得た——YKK再審事件の要点と突破、「China : Managing the IP Lifecycle」2018 / 2019期            

作者:"The Beijing IP Court in 2016", The Trademark Lawyer, 2017年第4期            

共通の作者:商標権限授権事件における絶対理由基準の適用、『中国知的財産権報』2018年9月26日            

共通の作者: グラフィックブランドクエリ及び方法、「中国知的財産権雑誌」2018年9月30日            

共通の作者:登録商標は3年の撤廃制度を使用しない最新の司法実践とアドバイス、「A.I.P.P.I. JAPAN」2018年11月号            

共通の作者:『YKK』ブランドから中国のブランド保護の道を見ます、「中華商標」2018年第11期

作者:登録商標は撤廃制度の最新の司法実践と啓示を使用しない、「中国特許と商標」2019年第1期            

作者:中国の商標侵害事件の中で会社のベールを突き破った、「世界商標評論」、2019年2月    

共同作者:全面的な審査原則商標却下による再審行政訴訟における司法適用と判断、「知産力」、2019-03-21

共通の作者:中国図形商標検索のポイント解析、《アジアIP》、2019年4月総第11期

共通の作者:商標審査委員会は商標授権による権利行政応訴事件において、主な敗訴原因分析と啓発――情勢の変更、信用の新しい証拠を研究の視点として、『中国知的所有権雑誌』、2019-05-20

作者: 潮流を転換する-中国は悪意のある商標申請にどのように反撃しますか、『世界商標評論』、 2019年6月総第81期

作者: 原告はどのように商標訴訟を処理しますか、「知的財産権管理」、2019年5/6月期

作者:組み合わせ型音声商標の登録申請について、「知産力」、2019-07-25

共通の作者:新中国商標事業の開始――第一期商標公報から、「中華商標」、2019年第9期

共通の作者:中国商標法の最新改正及び企業への影響の解読、『A.I.P.I.JAPAN』、2019年第10期

作者:商標共存協議の適用に関する法律問題の調査、「知産力」、2019-11-12;

作者:商标権の司法认定と启発を侵害しているかどうか、汤森路透ALB」、2019-11-27

講演:「商業の外観-金レンガ五国の保護」、金レンガ国の知的財産権フォーラム、2013年5月アメリカシカゴで            

インターネット演説会演説:中国の知的財産権裁判所:アメリカ会社が知るべき内容、知的財産所有者協会、2014年12月2日            

講演:「中国商標法:新しい法律、新しい方向」、金レンガの知的財産権フォーラム、2014年5月ドイツ・ミュンヘンで            

司会者:TM 28 OEM製造と商標使用:中国法域下の最新実践、国際商標協会年会、聖地亜兄、2015年5月4日            

司会者:TT 19は異なる司法制度の下で版権を通じてグラフィック化商標の保護を強化し、国際商標協会の年会、オーランド、2016年5月24日            

著者:AIPPIシドニー大会「商標悪意申請」決議(中国部分)2017年9月

講演:商標法改正の背景の下で、企業はどうやって商標管理を行いますか、国際商会中国国家委員会「商標法」改正シンポジウム、 2019年5月に中国の北京にいます。

専門団体

国際商標協会の会員             

国際知的財産保護協会(AIPPI)会员             

国際許可貿易協会中国分会会员

司法鑑定委員会の司法鑑定人