You are here

馬 浩

Print Vcard

資格

1994年、専利弁理士執業資格取得

1998年、弁護士資格取得

技術分野

計算機、電子工程、自動制御、半導体、通信

作業言語

英語、中国語

学歴

1982年、合肥工業大学自動化専攻、工学学士学位取得

1995-1996年、アメリカニューヨークの法律事務所においてアメリカ専利法及び実務研修

職務経歴

1982-1992年、北京机械工業自動化研究所に勤務、工業自動化研究作業に従事

1992年、中国国際貿易促進委員会特許商標事務所入所

作業分野

専利出願、不服審判、無効審判及び行政訴訟、権利侵害訴訟、専利許可、版権、技術輸出入、国境法律執行などにおける知的財産権関係のコンサルティング、特に専利権利侵害訴訟と専利無効審判案件代理において、豊富な経験を有する。

学術活動

著書・論文

単著:「液圧振動波形ひずみに関する研究」(「環境条件及び実験」、1986年5月)

単著:「工業制御用IBM PC XT/AT並行プロセッサー」(「計算機世界」、1988年8月)

単著:「飛行機副燃料タンク揺れ動き実験液圧サーボシステムにおける計算機制御技術」(「液圧及びエア駆動」、1990年4月)

単著:「米国特許実践における等同原則」(「専利法研究」、1996年)

単著:「計算機プロセスを含む発明特許出願の特許性判断及び請求項の作成」(「専利法研究」、1997年)

共著:「貿易秘密――中国中小企業輸出問答」(企業管理出版社、2001年)

共著:「専利権侵害判定実務」(法律出版社、2002年)

共著:「専利代理概論」(知的財産権出版社、2002年)

監修:「専利代理業における職業倫理」(知的財産権出版社、2013年)

講演

「中国における専利保護」(第三回中日韓三国専利代理人協会会議、2005年3月韓国ソウル)

「中国専利訴訟」(「第三回ILTフォーラム-中国専利取得、許可及び訴訟」、2006年1月、アメリカサンフランシスコ)

「中国の専利保護」(アメリカピッツバーク知的財産権法律弁護士協会、2006年1月、アメリカピッツバーク)

「中国知的財産権の税関保護」(AIPPI第40回会員大会、2006年10月スウェーデンゴーテポリ)

「中国知的財産権の最新発展」(AIPPI中日韓三国会議、2009年7月中国大連)

「中国における知的財産権保護の発展」(2012年国際ライセンス協会世界科学技術力フォーラム、2012年1月スイスジュネーブ)

「特許協力および制度調和」(日中韓特許庁シンポジウム、2013年11月日本国札幌市)

専門団体

国家知的財産権専門家コンサルティング委員会委員

国家工商総局市場監督管理専門家委員会委員

中国法律学会理事

中華全国専利弁理士協会副会長

中国ライセンス協会副会長

中国国際経済貿易仲裁委員会仲裁人