You are here

中華人民共和国商標法 (2001)

(1982 年8月23日第5 期全国人民代表大会常務委員会第24 回会議で採択、1993年2月22日第7 期全国人民代表大会常務委員会第30 回会議『「中華人民共和国商標法」改正に関する決定』に基き第1 回改正、 2001年10月27日第9 期全国人民代表大会常務委員会第24回会議『「中華人民共和国商標法」改正に関する決定』に基き第2 回改正)

登録商標の更新、譲渡及び使用許諾

第37条
登録商標は有効期間が10 年とし、登録が認可された日から起算する。

第38条
登録商標の存続期間が満了し、引き続き使用する必要がある場合、期間満了前6ヵ月以内に更新を申請しなければならない。この期間内に申請できなかった場合、6ヶ月の延期を与えることができる。延期期間が経過してもまだ申請しない場合は、当該登録商標を抹消する。

更新した商標の有効期間は毎回10 年とする。

更新を認可した後、これを公告する。

第39条
登録商標を譲渡する場合、譲渡人と譲受人は譲渡契約を締結し、かつ共同で商標局に申請を提出しなければならない。譲受人はその登録商標を使用する商品の品質を保証しなければならない。

登録商標の譲渡は、認可された後にこれを公告する。譲受人は公告される日から商標専用権を享有する。

第40条
商標登録者は商標使用許諾契約を通して他人に登録商標の使用を許諾することができる。許諾者は被許諾者の登録商標を使用する商品の品質を監督しなければならない。被許諾者はその登録商標を使用する商品の品質を保証しなければならない。

他人の登録商標の使用が許諾された場合、その登録商標を使用する商品に被許諾者の名称及び商品の生産地を明記しなければならない。

商標使用許諾契約は商標局に届出なければならない。