You are here

中国国家知識産権局による「専利審査指南」改正に関する決定

第67号 

『中国国家知識産権局による「専利審査指南」改正に関する決定』が局務会議により審査を経て採択された。ここに公布し、2013年10月15日より施行する。

 局長  
2013年9月16日

中国国家知識産権局は「専利審査指南」について以下の通り改正する。

第1部分第2章第11節を以下のように改正する。

11.専利法第22条第2項に基づき行われる審査

  方式審査において、審査官は出願された実用新案が明らかに新規性を具備しないか否かについて審査を行う。審査官は、自分の取得した先行技術又は抵触出願に関わる情報に基づき、出願された実用新案が新規性を明らかに具備しないか否かについて審査を行うことができる。

  実用新案が正常でない出願に関わる場合、例えば明らかに先行技術を盗用している、又は内容が実質的に明らかに同一である専利出願を重複して提出してい る場合、審査官は検索により取得した引用文献、又はその他のルートにより取得した情報に基づき、実用新案が明らかに新規性を具備しないか否かを審査しなけ ればならない。

  新規性に関する審査は本指南第2部分第3章の規定に照らし合わせて行う。