最高裁が知的財産権民事案件の懲罰的賠償典型判例を発表

先頃、『最高裁判所による知的財産権侵害民事案件の審理における懲罰的賠償の適用に関する解釈』が公布された。『解釈』を正確に理解、適用し、懲罰的賠償制度の正確な施行を確実に保証するため、最高裁判所は6件の知的財産権侵害民事案件の懲罰的賠償典型判例を発表した。

この6件は、広州天賜公司等と安徽紐曼公司等の技術秘密侵害係争、オルドス公司と米琪公司の商標権侵害係争、小米科技公司等と中山奔騰公司等の商標権侵害及び不正競争係争、五糧液公司と徐中華等の商標権侵害係争、アディダスと阮国強等の商標権侵害係争、欧普公司と華昇公司の商標権侵害係争である。

広州天賜公司等と安徽紐曼公司等の技術秘密侵害係争は、中国最高裁判所が判決を下した知的財産権侵害の初めての懲罰的賠償案件である。同案件は被告の主観的悪意、権利侵害を業とすること、挙証妨害行為及び権利侵害被疑行為の持続期間、権利侵害規模等の要素を十分に考慮した上で、法定の懲罰的賠償額の最大倍数(5倍)を適用して賠償額を確定し、知的財産権司法保護を強化するという強烈なシグナルを明確に示した。

小米科技公司等と中山奔騰公司等の商標権侵害及び不正競争係争において、判決は、懲罰的賠償の「悪意」、「情状の重大性」の認定要件、及び基数と倍数の確定方法について全面的に分析、論述し、イ号製品の販売の特徴を考慮したほか、懲罰的賠償の倍数の確定に影響を与える要素を全面的に分析し、権利侵害の主観的悪意の程度、情状の重大さの程度、権利侵害後の結果の深刻さの程度に相応する賠償額を確定し、懲罰的賠償制度の適用に手本を見せ、重大な知的財産権侵害行為を厳しく取り締る方向性を示した。