最高裁 知的財産権に対する司法保護を全面的に強化、損害賠償額を引き上げ

先頃、中国最高裁は『知的財産権に対する司法保護の全面的な強化に関する意見』(以下、『意見』という)を公布し、各級裁判所に対して、知的財産権の司法保護の全面的な強化の重大意義を十分に理解し、知的財産権の司法保護の大局的な着眼点と目標を正確に把握し、イノベーション型国家の建設、社会主義近代化強国の建設、国家ガバナンス体系と管理能力の近代化のために強力な司法のサービスと保障を提供するよう要求した。 

『意見』は知的財産権裁判の実務に基づき、目下の知的財産権の司法保護の重大かつ困難な問題に焦点を当てて一連の対策を提出し、権利者の訴訟・権利保護コストの削減、訴訟期間の短縮、損害賠償額の引き上げ、当事者の挙証困難問題の解決に力を入れ、司法保護の実際の効果を確実に高めている。 

『意見』は次のことを求めている。即ち、挙証責任の分配規則、挙証妨害排除制度と証人の出廷証言制度を完備化し、電子データ証拠の収集ルートを広げ、当事者の証拠保全、とり調べに関する要請を法に従って支持し、当事者の挙証負担を軽減させること。知的財産権裁判方式に関する改革を推進し、依頼鑑定や訴訟中断、差し戻しなどの基準を法に従って厳格に把握し、無駄な時間を減らすこと。第三者のデータを十分に活用して、権利侵害による利益を法に従って確定し、知的財産権侵害情状が深刻な場合、法に従って賠償金を高目に確定し、ニセモノや海賊版商品、そして主にとして権利侵害に使う原材料や道具を没収して廃棄し、知的財産権侵害行為の再発を効果的に抑制することである。 

また、『意見』は次のことを強調している。即ち、知的財産権分野の非誠実な訴訟行為を法に従って制止し、システムとメカニズムの構築を強化し、司法保護の全体効果を増強すること。関連部門との連絡を強化し、知的財産権保護の合力を形成すること。裁判の基本ベースを固め、知的財産権の司法保護の全面強化に力強いサポートを提供することである。