You are here

CCPITは発明専利無効審判事件に成功

Mar 18, 2014 弊所ニュース |
クライアントの依頼を受け、CCPITは蛇口に関する発明専利に対して無効審判請求を申立てた。先日、国家知的財産権局(SIPO)専利複審委員会から、進歩性欠如を理由に当該専利の全部無効という審決が発行された。 本件においてCCPITの弁理士は、クライアントに提供された情報のうえ、技術文献を検索して極めて近い関係引例をサーチした。専利書類と引例を詳細に分析した結果、新規事項を含む補正(ニュー・マター)、記載不備や進歩性欠如など欠陥を見付けた。無効請求書類及び口頭審理で十分に陳述した結果、...
もっと見る

中国国際貿易促進委員会特許商標事務所が2013年度中国事務所大賞を獲得

Jan 16, 2014 弊所ニュース |
近日、当事務所は5名の候補者から躍り出て、「Asia IP」に発行された中国特許事務所年度大賞を獲得した。注目するところ、当事務所は今年度中国商標事務所の候補者にも推薦された。 「Asia IP」雑誌はアジア太平洋地域乃至世界各地における5000名以上の法務関係者に対して大量の調査を行い、各地域に五つの事務所をノミネートした。もっとも多く投票を獲得した候補者事務所は当該地域の年度優勝者(大賞獲得者)になる。 2013年10月18日、当事務所の代表はベトナムのハノイで行われた「Asia IP」...
もっと見る

当事務所は《IAM世界特許(事務所)TOP1000》に再選

Jun 21, 2013 弊所ニュース |
イギリスの《Intellectual Asset Management》(IAM)雑誌は先ごろ、2013年《IAM世界特許(事務所)TOP1000》の選考結果を公表した。中国国際貿易促進委員会特許商標事務所は優れた実績により中国大陸の専利出願業務に関する「高度推薦事務所」に再選された。IAM雑誌が中国国際貿易促進委員会特許商標事務所について、「中国最大の代理組織の一つである中国国際貿易促進委員会特許商標事務所は、国内専利出願件数の先頭にずっと立っている。大量の専利出願作業に伴って、...
もっと見る

当事務所は《Chambers Asia-Pacific 2013》に一流知財事務所と評価

Jun 21, 2013 弊所ニュース |
先ごろ、中国国際貿易促進委員会特許商標事務所は世界中権威的な業界雑誌《Chambers Asia-Pacific 2013》に中国一流の知財事務所として評価された。 《Chambers Asia-Pacific 2013》では、中国国際貿易促進委員会特許商標事務所について次のように述べた。中国国内市場に活躍し、アジア地域でクライアントの人気を広く呼ぶ知財事務所であり、当該事務所は国内外の有力な法律事務所により構成されたサーポート・ネットワークも優れている。...
もっと見る

当所の代理により、「農夫山泉」は台湾に権利保護を成功し、台湾著名商標と認定

May 3, 2013 弊所ニュース |
農夫山泉股份有限公司の依頼を受け、当事務所は2003年3月から、第32区分における「農夫山泉」について台湾における異議申立、及びその後の審判、訴訟を代理した。本件は経済部知恵財産局、台湾高等行政法院、台湾知恵財産法院の3回異議、3回審判、3回訴訟を経過した。権利者と当所代理人が10年近くの努力の下で、「農夫山泉」は最後に勝訴した。その後、一連の関連異議申立事件も有利な裁定が下された。また、この一連案件の審理を通して、「農夫山泉」は台湾著名商標(馳名商標)として認定された。...
もっと見る

当事務所の代理により、「BMW」が中国馳名商標に認定

Jan 9, 2013 弊所ニュース |
2003年7月、徳爾国際家具股?有限公司が第19類の「床板」など商品について「BMW」商標を出願した。これに対し、BMW社は異議申立を提出したが、商標局に認められなかった。BMW社は商標評審委員会に不服審判を請求した。 2012年10月、商標評審委員会は審決を下し、上記被異議商標の登録を取消した。 審決では、商標評審委員会は次のように認定した。BMW社の引用商標「BMW」が先登録商標であり、その指定商品「自動車」などは被異議商標の指定商品「床板」などと同一又は類似の商品ではないため、『商標法』...
もっと見る

クライスラー社の「JEEP」商標が中国馳名商標として司法認定を受けた

Dec 25, 2012 弊所ニュース |
2012年12月3日、北京市第一中級人民法院で馳名商標の保護に係る6つの訴訟の集中審理が行なわれた。当所のクライアントであるクライスラー社(CHRYSLER GROUP LLC)は商標評審委員会の下した異議再審の裁定に不服とし提起した行政訴訟案件がその中の1つである。案件審決の結果、クライスラー社が原告として勝訴し、「JEEP」商標は中国馳名商標としての認定が認められた旨の判決が下された。 クライスラー社は世界最大級の知名自動車メーカーであり、「JEEP」...
もっと見る

Pages