You are here

弊所が『Chambers and Partners グローバル法律実務指南-商標編2021』の中国編を作成

Mar 23, 2021 弊所ニュース |
先ほど、弊所は国際的な法律評価機関Chambers and Partnersの依頼に応じ、『Chambers and Partners グローバル法律実務指南-商標編2021』の中国編を作成しました。商標登録と保護、法制度と実務などをカバーしており、中国の商標制度を体系的に紹介する実用的なガイドラインとなります。 Chambers and Partnersは、200以上の国と地域の法律サービス市場について独自に評価を行っています。徹底的な研究・調査と厳格な評価プロセスを経て、...
もっと見る

弊所がトムソン・ロイターPractical Lawの依頼に応じ、中国の知的財産権を紹介する文書を作成

Mar 22, 2021 弊所ニュース |
先頃、弊所がトムソン・ロイターPractical Lawの依頼に応じ、『商取引における知的財産権:中国での概要』と『専利、商標、著作権および意匠保護:中国での概要』の二章を作成しました。中国の商取引における知的財産権保護や中国の専利、商標、著作権と意匠保護の状況について体系的に紹介し、法制度と実践をカバーしており、読者に実用的なガイドラインを提供しています。 トムソン・ロイターPractical Lawは、各分野の法律知識を、大規模で実用的なデータベースを通じて専門的で実用的な法律文書に編集し...
もっと見る

所長交代のお知らせ

Feb 22, 2021 弊所ニュース |
2021年2月18日付けで、龍伝紅が馬浩の後任として中国国際貿易促進委員会特許商標事務所の所長に就任したことをお知らせいたします。馬浩は定年退職し、弊所の相談役に就任いたします。 龍伝紅は1994年に入所し、弁理士資格および弁護士資格を取得しました。国内外クライアントの専利、商標およびその他知的財産権に関する出願、ライセンスおよび訴訟等の代理に携わるとともに、長年にわたり弊所の副所長を務めてまいりました。龍伝紅はその優れた専門的業績により、...
もっと見る

第21回中国専利賞の選考結果が発表、弊所代理の専利出願が多数入賞

Jul 28, 2020 弊所ニュース |
中国国家知識産権局(CNIPA)は7月14日、第21回中国専利賞の選考結果を発表し、弊所が代理する数多くの専利出願が入賞した。 中国の専利分野における最高賞にあたる中国専利賞は、中国国家知識産権局と世界知的所有権機関(WIPO)が共同で選定されたものであり、世界中で幅広い影響力を持っている。『中国専利賞選考方法』によると、中国発明・実用新案専利金賞30件、中国意匠金賞10件、中国発明・実用新案専利銀賞58件、中国意匠銀賞15件、中国発明・実用新案専利優秀賞696件、中国意匠優秀賞60件で、...
もっと見る

弊所が中華商標協会「2019年度優秀商標代理機構」として選出

Jul 25, 2019 弊所ニュース |
2019年7月6日から7月8日まで、第11回中国国際商標フェスディバルは寧夏回族自治区の首府となる銀川市で開催され、そして成功のうちに終わった。今回の商標フェスティバルは「商標保護の強化、創造・発展の道の協同開拓」をテーマとし、中国商標年次総会、中国ブランド商標博覧会など一連のイベントを開催し、国内外の政府機関、国際機構、司法機関、研究機関、名企業や商標代理機構などからの2000名以上の参会者を引き付けた。周中琦副所長が弊所代表団の団長を務め、この盛会に参加した。 フェスディバル期間中、...
もっと見る

キヤノン社の専利権侵害係争案が、最高裁判所2018年度典型判例50に入選し

May 8, 2019 弊所ニュース |
当事務所が代理したキヤノン社の専利権侵害係争案(裁判所案件番号:(2017)沪73民初596号)が、最高裁判所2018年度典型判例50に入選し、7番目に順位付けられた。本案において、被告は、発明専利の場合、専利法上の「製造」とは、請求項の範囲に記載されている技術的な特徴をすべて備えた製品を作り出しまたは形成したことを意味すると考え、権利侵害被疑トナーカートリッジがその製造したものではなく、訴外第三者から購買してから販売し、合法的なルートから入手したものであるため、...
もっと見る

CCPIT特許商標事務所は代理した「DYNEEMA&図」商標異議申立行政訴訟再審案に最高裁判所で勝訴

Apr 23, 2019 弊所ニュース |
先頃、「帝斯曼知的財産権資産有限公司(CCPIT特許商標事務所の依頼人、以下、「帝斯曼社」という)vs国家工商行政管理総局商標評審委員会、第三者である楼躍斌氏、楼躍群氏、楼照法氏、頼俊哲氏の「DYNEEMA&図」商標異議申立行政訴訟再審案」に対して、最高裁判所が判決を下した。最高裁判所は、法に基づいて北京市高等裁判所の二審判決、北京市第一中等裁判所の一審判決、商標評審委員会の審決を全部破棄し、被異議商標が「釣具」商品において引用商標と類似商品における近似商標を構成すること、...
もっと見る

弊所代理の特許権侵害訴訟案件、均等論の主張で勝訴

Aug 14, 2017 弊所ニュース |
先頃、ある特許権侵害訴訟において、弊所はクライアントを代理し勝訴判決を得た。 本案は自転車のサドルに係るものであり、訴訟において、クレームの解釈と均等侵害の認定及び損害賠償額の確定が権利維持の成功へのキーポイントであり、難題でもあった。弊所の弁理士は堅実な業務能力により、法律と司法解釈の規定に基づき、クレームに対する合理的な解釈と詳細で充分な意見陳述を行い、均等論を適用させて、被告製品が当該特許の保護範囲に入っていることを詳しく分析した。また一方で、損害賠償額の確定に有利な証拠を入手し、...
もっと見る

CCPITが2016年度知財宝(IP House)「中国知財権訴訟代理機構Top10」にランクイン

Jun 27, 2017 弊所ニュース |
2017年6月23日、2016年度中国知財権訴訟代理機構ランキング発表会が北京で開催された。今回の事務所訴訟ランキングの選考は知財宝の主催によるものであり、2016年度に中国の裁判所で裁判が終了した知財権判決を根拠にして、案件数、案件訴訟率、依頼人の品質、事務所の歴史と規模、典型案例指導案例に入選した代理案件数の五つの要素が考慮され、定量分析がなされ、訴訟代理機構の業務能力に対する精確で全面的、かつ徹底的な評価が求められた。ランキングは、著作権民事、専利民事、専利行政、商標民事、...
もっと見る

CCPITが五つ星代理機構に選出

Feb 3, 2017 弊所ニュース |
2017年1月16日、中国知的財産権新聞社が北京で「2016年中国専利代理業界総合実力選考結果発表会・専利代理品質向上シンポジウム」を開催し、2016年度の選考結果を発表した。 中国国際貿易促進委員会専利商標事務所等7つの専利代理機構が、これまでで中国最高級の専利代理機構となる五つ星専利代理機構に選ばれた。 専利代理人では、中国国際貿易促進委員会専利商標事務所から董華林氏、申発振氏、瀋英莹氏、孫宝海氏、田元媛氏、颜镝氏及び袁玥氏の7名が三つ星専利代理人に、白皎氏、陳新氏、黄永傑氏、李英氏、...
もっと見る

Pages