You are here

市場監督管理総局:偽物・粗悪品製造販売のサプライチェーン全体を取り締まり

Sep 29, 2018 知財ニュース |
市場監督管理総局の公式サイトによると、先頃、市場監督管理総局弁公庁は『偽物・粗悪品の製造販売行為に対する取締りの強化に関する通知』を出した。内容は以下の通りである。 一、サプライチェーン全体の取り締まりを実施する。同総局による2018年関連キャンペーン活動では、「ブランド便乗」を含む偽物・粗悪品の製造販売、その他商標権侵害、関係する虚偽宣伝や違法広告などの違法行為が重点的な取締り対象とされている。重大な違法疑義行為の手掛かりが発見された場合、生産、...
もっと見る

商標局が商標使用の証拠を明確化

Sep 29, 2018 知財ニュース |
国家知識産権局商標局(以下「商標局」と称する)は8月13日、「中国商標ウエブ」で商標使用証拠の提供に関する説明を公布し、商標使用の具体的なパターンを明示した上で、中国商標法において商標使用とみなされない情状を列挙した。 説明によると、指定商品における商標使用の具体的な形態は主に、商標を商品、商品の包装、容器、ラベルなどに貼付、刻印、烙印、又は織り込み、若しくは商品に添付されたラベル、製品マニュアル、パンフレット、料金表などで使用すること、商標を売買契約、領収書、手形、レシート、...
もっと見る

商標オンラインサービスシステムがスタート

Sep 29, 2018 知財ニュース |
国家知識産権局商標局(以下、商標局と言う)の商標オンラインサービスシステムが9月1日に正式にスタートし、出願のオンライン提出、書類のオンライン受取の全過程の電子化が実現した。 商標オンラインサービスシステムの運用後、従来の商標オンラインサービスシステムのユーザーは所持するUSB-KEY又はデジタル証書で商標オンラインサービスシステムに登録し、同システムのユーザー利用合意書に同意したら、同システムにおいて出願のオンライン提出、書類のオンライン受取を行うことができる。...
もっと見る

今年上半期の中国専利出願数:半数が携帯電話メーカー

Sep 29, 2018 知財ニュース |
先頃、中国国家知識産権局が2018年上半期発明専利権利付与数企業ランキング(香港、マカオ、台湾を除く)を発表した。TOP10の殆どは有名な国内スマートフォンメーカーであった。 発明専利権付与件数第一位は華為社の1775件で、OPPO社が1520件で第三位、中興通訊社が1028件で第五位、聯想グループが697件で第八位にランクインした。 製品について見ると、華為社やOPPO社などの携帯電話メーカーの出願は多くが最終的に製品化されている。例えば、OPPO社の「ノッチスクリーン」や「昇降式構造」...
もっと見る

今年上半期、中国の知財権ライセンス料の輸出入額が急成長

Sep 29, 2018 知財ニュース |
国家外貨管理局の最新データによると、2018年上半期、中国の知財権ライセンス料の貿易総額は同期比53.6%増の220.05億米ドルで、うち輸出額は同期比62.1%増の27.37億米ドル、輸入額は同期比52.5%増の192.68億米ドルとなっており、全体的に輸出入ともに伸びている中、輸出の伸び率の方が少し高い発展を見せている。 産業別では、製造業が知財権ライセンス料の輸出入額ともに依然として首位である。輸出額が同期比53.2%増の21.38億米ドルで、全体の78.1%を占め、輸入額が同期比27...
もっと見る

行政管理改革:商標出願、専利出願などの利便化改革が深化

Sep 29, 2018 知財ニュース |
先頃、国務院弁公庁は『全国行政管理改革の深化と政府機能の転換に関するテレビ電話会議における重点責務分業方案』を公布した。『方案』は商標登録出願、専利出願などの利便化改革を深め、5年間以内に商標登録の審査期間を4ヶ月以内に短縮し、発明専利の審査期間を3分の1縮め、価値の高い専利の審査周期は半分に縮めると明確している。また、『方案』は「商標登録審査期間を大幅に縮め、2018年末までに商標データベースを一般公衆に公開し、商標登録審査期間を6ヶ月に短縮し、更に2019年末までに5ヶ月に、...
もっと見る

国家知識産権局が初の地理的表示製品保護公告を発表

Sep 29, 2018 知財ニュース |
先頃、国家知識産権局が地理的表示製品保護公告を発表し、21の製品を地理的表示製品と認定し、88社の企業を地理的表示製品専用標識使用企業と認定した。 公告によると、今回認定された「畢克斎長葱」、「鉄嶺米」など21の地理的表示保護製品は、それぞれ内モンゴル、遼寧、吉林、黒龍江、江西、湖南、広西、貴州、陝西などの省、自治区における原産地地理的表示行政部門の予備審査を経て推薦されたものである。山西梁汾酢業有限公司など88の企業が、「山西老陳酢」...
もっと見る

国家林業・草原局が知財権侵害行政処罰案件情報の公開作業を完備化

Sep 29, 2018 知財ニュース |
先頃、国家林業・草原局は『偽物・粗悪品製造販売と知財権侵害の行政処罰案件に関する国家林業・草原局の情報公開作業実施細則』(以下『実施細則』と称する)を公布した。実施細則には、国家林業・草原局は通常手続きを適用して処理した権利侵害・偽物行政処罰案件の関係情報を自発的かつ速やかに公開するものとし、公開された情報は真実且つ正確で、公衆の監督を受けなければならないと規定されている。実施細則は2018年8月1日より施行され、有効期限は2023年7月31日までである。 実施細則に基づき、国家林業・...
もっと見る

電子商務法(電子商取引法)が採択 知財権保護を特に強調

Sep 29, 2018 知財ニュース |
第十三期全国人民代表大会常務委員会が8月31日、電子商務法を採択した。同法律では知財権保護が特に強調され、知財権利者の「通知―削除」の権利とプラットフォームの「削除―公示」の義務が詳細化されている。 電子商務法第四十二条は「知的財産権権利者は、その知的財産権が侵害されたと認めた場合、電子商取引プラットフォーム経営者に通知し、削除、遮蔽、リンク切断、取引・サービスの中止などの措置をとるよう求める権利を有する。通知は権利侵害に関する初歩的な証拠を含むものとする。...
もっと見る

大連知識産権仲裁院が設立

Sep 29, 2018 知財ニュース |
先頃、大連知識産権仲裁院が遼寧自由貿易試験区大連区に設立された。  大連知識産権仲裁院は、大連仲裁委員会の授権を受け、著作権、商標権、専利権及びその他知財権の契約紛争案件を受理し、関係仲裁規則に基づいて審理裁決すること、仲裁合意書のない著作権、商標権、専利権及びその他知識産権の契約紛争を調停し、当事者の需要に応じて仲裁文書を作成すること、知財権契約紛争に関する法律コンサルティングサービスを提供することなどの業務を行う。  大連知識産権仲裁院の設立は大連市の知財保護体系が国際化、多様化、...
もっと見る

Pages