You are here

『2018年国民経済と社会発展についての統計公報』が発表

Apr 2, 2019 知財ニュース |
先頃、中国国家統計局が『2018年国民経済と社会発展統計公報』(以下、『2018年統計公報』という)を発表した。昨年1年間の中国における国内外専利出願数は16.9%増の432.3万件、権利付与数は33.3%増の244.7万件で、ともに世界一位であり、イノベーション駆動型発展戦略の「第一原動力」としての科学技術の役割がますます顕著になっている。 『2018年統計公報』によると、昨年の中国におけるPCT国際専利出願の受理数は5.5万件であった。2018年末現在の中国の有効専利は838.1万件、...
もっと見る

「両高」報告:知財権保護の効果が顕在化

Apr 2, 2019 知財ニュース |
第十三期全人代第二回会議は3月12日に人民大会堂で第三回全体会議を開き、最高裁判所と最高検察庁の活動報告をそれぞれ聴取した。上記「両高」の報告データは、中国の知財権司法保護が強化されたことを示すものであった。 最高裁判所の周強長官は報告で、「2018年、裁判所は法に基づいてイノベーション型国家建設に努めた。一審の知財権案件は同期比41.8%増の28.8万件の訴訟を終了し、イノベーション駆動型の発展に寄与した。国家レベルの知財権案件の上訴審理メカニズムを構築し、...
もっと見る

外商投資法が採択 外商知財権保護に注力し、技術の自由譲渡を保障する

Mar 22, 2019 知財ニュース |
2019 年 3 月 15 日、第十三期全人代第二次会議にて「外商投資法」が採択された。当該法律は 2020 年 1 月 1 日より施行し、「中外合資経営企業法」、「外資企業法」、「中外合作経営企業法」が同時廃止される。 「外商投資法」には知財権保護、技術自由譲渡の保障が投資保護の重要な内容であることが規定されている。同法第 22 条には「国が外国投資者と外商投資企業の知財権を保護し、知財権利者及びその関係権利者の合法権益を保護し、知財権権利侵害行為に対して法に基づいて法的責任を厳格に追及する...
もっと見る

2018年 中国トップ500社の専利の質が引き続き改善

Sep 29, 2018 知財ニュース |
中国企業連合会、中国企業家協会は、9月2日に「2018中国企業トップ500社」ランキング、「2018中国製造業企業トップ500社」ランキング及び『2018中国企業トップ500社分析報告書』を発表し、中国企業トップ500社の特徴について詳説と分析を行った。 報告書によると、2018年、中国企業トップ500社の研究開発への費用投入は引き続き急速に増加し、企業の研究開発は平均的に明らかに強化されたものの、半数近い企業は研究開発への投入が十分でなく、研究開発力はむしろ弱まっている。業種別では、...
もっと見る

中国のグリーン関連専利の保有数が年々増加

Sep 29, 2018 知財ニュース |
先頃国家知識産権局(SIPO)が発表した『中国のグリーン専利統計報告書(2014-2017)』(以下、『報告書』という)によると、2014年以降、中国のグリーン技術に関するイノベーションが活発化し、そのレベルも向上し続け、グリーン関連専利の保有数が徐々に増えている。 また同時に、中国国内におけるグリーン技術イノベーション創出の活発度もどんどん高まっている。2017年の中国国内におけるグリーン発明専利出願数は2014年の約1.8倍である。『報告』によると、2014年から2017年まで、...
もっと見る

中国が独占禁止・不正競争防止に関する行政法執行十大典型案件を発表

Sep 29, 2018 知財ニュース |
中国国家市場監督管理総局と広東省政府の主催による「2018市場監督管理フォーラム」が9月6日に広州で行われた。国家市場監督管理総局は同フォーラムにおいて独占禁止・不正競争防止に関する行政法執行の十大典型案件を発表した。コカ・コーラ社の中国匯源ジュースグループ買収禁止案件やクアルコム社の市場支配的地位濫用案件が選ばれている。 同フォーラムは国家市場監督管理総局が発足してから初めてのフォーラムで、そのテーマが「公正競争と高品質の発展」である。 コカ・コーラ社は2008年9月、...
もっと見る

市場監督管理総局:偽物・粗悪品製造販売のサプライチェーン全体を取り締まり

Sep 29, 2018 知財ニュース |
市場監督管理総局の公式サイトによると、先頃、市場監督管理総局弁公庁は『偽物・粗悪品の製造販売行為に対する取締りの強化に関する通知』を出した。内容は以下の通りである。 一、サプライチェーン全体の取り締まりを実施する。同総局による2018年関連キャンペーン活動では、「ブランド便乗」を含む偽物・粗悪品の製造販売、その他商標権侵害、関係する虚偽宣伝や違法広告などの違法行為が重点的な取締り対象とされている。重大な違法疑義行為の手掛かりが発見された場合、生産、...
もっと見る

商標局が商標使用の証拠を明確化

Sep 29, 2018 知財ニュース |
国家知識産権局商標局(以下「商標局」と称する)は8月13日、「中国商標ウエブ」で商標使用証拠の提供に関する説明を公布し、商標使用の具体的なパターンを明示した上で、中国商標法において商標使用とみなされない情状を列挙した。 説明によると、指定商品における商標使用の具体的な形態は主に、商標を商品、商品の包装、容器、ラベルなどに貼付、刻印、烙印、又は織り込み、若しくは商品に添付されたラベル、製品マニュアル、パンフレット、料金表などで使用すること、商標を売買契約、領収書、手形、レシート、...
もっと見る

商標オンラインサービスシステムがスタート

Sep 29, 2018 知財ニュース |
国家知識産権局商標局(以下、商標局と言う)の商標オンラインサービスシステムが9月1日に正式にスタートし、出願のオンライン提出、書類のオンライン受取の全過程の電子化が実現した。 商標オンラインサービスシステムの運用後、従来の商標オンラインサービスシステムのユーザーは所持するUSB-KEY又はデジタル証書で商標オンラインサービスシステムに登録し、同システムのユーザー利用合意書に同意したら、同システムにおいて出願のオンライン提出、書類のオンライン受取を行うことができる。...
もっと見る

今年上半期の中国専利出願数:半数が携帯電話メーカー

Sep 29, 2018 知財ニュース |
先頃、中国国家知識産権局が2018年上半期発明専利権利付与数企業ランキング(香港、マカオ、台湾を除く)を発表した。TOP10の殆どは有名な国内スマートフォンメーカーであった。 発明専利権付与件数第一位は華為社の1775件で、OPPO社が1520件で第三位、中興通訊社が1028件で第五位、聯想グループが697件で第八位にランクインした。 製品について見ると、華為社やOPPO社などの携帯電話メーカーの出願は多くが最終的に製品化されている。例えば、OPPO社の「ノッチスクリーン」や「昇降式構造」...
もっと見る

Pages