You are here

国家林業・草原局が知財権侵害行政処罰案件情報の公開作業を完備化

Sep 29, 2018 知財ニュース |
先頃、国家林業・草原局は『偽物・粗悪品製造販売と知財権侵害の行政処罰案件に関する国家林業・草原局の情報公開作業実施細則』(以下『実施細則』と称する)を公布した。実施細則には、国家林業・草原局は通常手続きを適用して処理した権利侵害・偽物行政処罰案件の関係情報を自発的かつ速やかに公開するものとし、公開された情報は真実且つ正確で、公衆の監督を受けなければならないと規定されている。実施細則は2018年8月1日より施行され、有効期限は2023年7月31日までである。 実施細則に基づき、国家林業・...
もっと見る

電子商務法(電子商取引法)が採択 知財権保護を特に強調

Sep 29, 2018 知財ニュース |
第十三期全国人民代表大会常務委員会が8月31日、電子商務法を採択した。同法律では知財権保護が特に強調され、知財権利者の「通知―削除」の権利とプラットフォームの「削除―公示」の義務が詳細化されている。 電子商務法第四十二条は「知的財産権権利者は、その知的財産権が侵害されたと認めた場合、電子商取引プラットフォーム経営者に通知し、削除、遮蔽、リンク切断、取引・サービスの中止などの措置をとるよう求める権利を有する。通知は権利侵害に関する初歩的な証拠を含むものとする。...
もっと見る

大連知識産権仲裁院が設立

Sep 29, 2018 知財ニュース |
先頃、大連知識産権仲裁院が遼寧自由貿易試験区大連区に設立された。  大連知識産権仲裁院は、大連仲裁委員会の授権を受け、著作権、商標権、専利権及びその他知財権の契約紛争案件を受理し、関係仲裁規則に基づいて審理裁決すること、仲裁合意書のない著作権、商標権、専利権及びその他知識産権の契約紛争を調停し、当事者の需要に応じて仲裁文書を作成すること、知財権契約紛争に関する法律コンサルティングサービスを提供することなどの業務を行う。  大連知識産権仲裁院の設立は大連市の知財保護体系が国際化、多様化、...
もっと見る

CCPIT特許商標事務所が専利出願の早期権利付与に専門的なサービスを提供

Sep 29, 2018 知財ニュース |
2018年7月、知識産権保護センターで予備審査された2件の発明専利に権利が付与された。一つは中国(煙台)知識産権保護センターで予備審査された発明専利出願「淡水貝捕獲収集装置」で、7月5日に権利付与された。当該出願は出願から権利付与までわずか53日であった。もう一つは7月27日に中国(浦東)知識産権保護センターの「グリーンゲート」が権利付与通知書を受け取った発明専利「腫瘍シークエンシング技術」発明専利である。当該出願は出願から権利付与まで70日もかからなかった。 早期審査、早期権利確認、...
もっと見る

2018年 中国トップ500社の専利の質が引き続き改善

Sep 29, 2018 知財ニュース |
中国企業連合会、中国企業家協会は、9月2日に「2018中国企業トップ500社」ランキング、「2018中国製造業企業トップ500社」ランキング及び『2018中国企業トップ500社分析報告書』を発表し、中国企業トップ500社の特徴について詳説と分析を行った。 報告書によると、2018年、中国企業トップ500社の研究開発への費用投入は引き続き急速に増加し、企業の研究開発は平均的に明らかに強化されたものの、半数近い企業は研究開発への投入が十分でなく、研究開発力はむしろ弱まっている。業種別では、...
もっと見る

中国の知財権総合発展レベルが持続的に向上し、世界ランキングが上昇

Aug 7, 2018 知財ニュース |
国家知識産権局知識産権発展研究センターが6月12日に発表した『2017年中国知財権発展状況評価報告』(以下『報告』と略す)によると、2017年の中国知財権総合発展指数は前年比9.0%増の218.3点であり、高い成長率をキープした。  『報告』によると、中国の知財権創造発展レベルの向上は加速している。創造指数は2010年の100点から2017年の216.5点に着実に上昇し、特に2013年以後は創造発展指数が加速的な上昇を見せている。具体的には、2017年に各種主要知財権は出願、登記、...
もっと見る

中国の裁判所が五年間で各種知財権案件78.1万件を審理終了

Aug 7, 2018 知財ニュース |
第四回全国裁判所知財権裁判作業会議が7月9日に山東省青島市で開催された。2013年~2017年に、全国の裁判所で81.3万件の各種知財権の民事、行政及び刑事案件を新規に受理し、78.1万件を審理終了した。新規受理された各種知財権一審案件の数は2013年の10万件から2017年の21.3万件に増加し、案件数は倍増した。
もっと見る

商標評審委員会の審決に対する提訴率が安定化

Aug 7, 2018 知財ニュース |
先頃、国家知識産権局商標評審委員会(以下「商評委」と言う)は2018年第2号の『法務通訊』(全72号)を発表し、近年の商標審決に対する行政訴訟の全体状況について分析した。それによると、2015年から2017年にかけて、商評委が行政訴訟で提訴された割合は徐々に安定化している。 紹介によると、商標行政訴訟の司法動向をよりよく把握するため、商評委は2017年の行政訴訟で敗訴した案件の情報の統計をとり、2017年度訴訟の全体像と敗訴の要因をまとめて、全体状況分析書を作成した。統計データによると、...
もっと見る

商標局が国際商標出願に関する領域指定の拡張についての審査周期を短縮

Aug 7, 2018 知財ニュース |
国際登録商標の領域指定の拡張についての実体審査作業の品質と効率を着実に向上させるため、商標局が自らにプレッシャーをかけて、国際条約に定められた審査期間を大幅に短縮した。現在、領域指定拡張の審査期間は、国際条約に定められている12ヶ月が7ヶ月に、18ヶ月が10ヶ月にそれぞれ短縮されている。また、今年7月末までに国際条約に定められている12ヶ月の審査期間を6ヶ月に短縮し、今年11月末までに、国際条約に定められている18ヶ月の審査期間も6ヶ月にさらに短縮する見込みである。 近年、...
もっと見る

老舗商標侵害行為を厳しく取り締まり

Aug 7, 2018 知財ニュース |
国家市場監督管理総局などの行政機関が6月6日、『2018ネット市場監督管理キャンペーン(網剣行動)案についての通知』(以下、『通知』と言う)を発行した。『通知』によると、中国はネット市場のビジネスプロセス全般に対して精確な監督管理を行い、ネット市場での著しい違法問題をさらに抑制し、ネット上での知名度の高い商標や老舗の登録商標などに対する侵害行為ついて、関係部門が厳重に取り締まることになる。  『通知』では、関係部門はネット上の権利侵害となる偽物・粗悪品の製造販売行為を厳しく取締まり、生産、流通...
もっと見る

Pages