You are here

AIが自動車をサポート、技術が自動車産業チェーンの効率向上を牽引

Dec 30, 2020 知財ニュース |
第一回世界スマートカー大会が12月3日から4日にかけて広東省・広州市で開催され、数多くの自動車会社、自動車産業サプライチェーンの川上と川下企業、データ技術とAI分野の専門家などが集まり、自動車産業チェーンのスマート化のイノベーションと実践を模索した。また、 AI、IoT、クラウドコンピューティング、ディープラーニングなどの最先端技術を共有し、製品の設計、生産・製造などのコアプロセスで従来の自動車会社がコスト削減、効率向上、価値向上を実現する方法について検討した。...
もっと見る

Qualcomm AIイノベーションラボが完成し、稼動開始

Dec 30, 2020 知財ニュース |
浙江省杭州未来科技城管理委員会、Qualcomm(中国)ホールディングス有限公司及び中科創達ソフトウェア株式有限公司の三者が共同で設立した「杭州未来科技城、Qualcomm中国・中科創達共同イノベーションセンター兼Qualcomm AIイノベーションラボ」が12月3日に稼動を開始した。 共同イノベーションセンターは、中国(杭州)の5Gイノベーションパークにあり、共同イノベーションラボ、展示センター、AIoT技術トレーニングセンターから成り、5GとIoT製品・新技術の展示、5G関連技術の実験・...
もっと見る

AIが診療の全プロセスをサポート、スマート医療の構築を加速

Dec 30, 2020 知財ニュース |
2020年世界5G大会が11月26日から11月28日にかけて広東省・広州市で開催され、そこで第三回中国(広東)AIサミットフォーラムが行われた。フォーラムでは、業界・学界・研究分野からのゲストが、AIを使用した中国人の健康サポートの考え方を共有し、AI技術を使用することで、上質な医療リソースをより公平で利用しやすくする方法についてのアイデアを紹介した。 関係者によると、現在、アイフライテック(科大訊飛)が、インテリジェントネットワーキング医療プラットフォームを運用し、...
もっと見る

無人運転のスマートカーが自主的な乗客の送迎に挑戦

Dec 30, 2020 知財ニュース |
第12回「中国スマートカー・フューチャー・チャレンジ・コンペティション」が11月21日に江蘇省・常熟市で開催された。今回のコンペティションでは、コンテンツ設定の面で路車協調、交通シーンにおける無人車両の識別能力、実際の複雑で動的な交通環境における安全性、適応性、敏捷性とスマート性などが注目されたという。 今回のコンペティションには合計22のチームがエントリーした。コンペティションは参加車両に実際の都市部の密集した交通環境で乗客を乗降させるタスクのシミュレートを求めており、...
もっと見る

『電子商取引プラットフォームにおける知的財産権保護・管理』国家基準の解説

Dec 30, 2020 知財ニュース |
中国市場監督管理総局、国家知識産権局が共同で制定した『電子商取引プラットフォームにおける知的財産権保護・管理』国家基準(以下、『基準』という)が2020年11月9日に公布された。同基準は中国の電子商取引分野の発展の実状に結び付き、電子商取引プラットフォームにおける知的財産権保護の経験を最大限に生かし、電子商取引プラットフォームにおける知的財産権保護の強化に資するものである。 『基準』は範囲、規範的文献引用、用語とその定義、電子商取引プラットフォームの管理、...
もっと見る

最高裁判所が知的財産権民事訴訟の証拠に関する若干の規定を公布

Dec 30, 2020 知財ニュース |
最高裁判所は11月16日、『知的財産権民事訴訟の証拠に関する若干の規定』(以下、『知的財産権証拠規定』という)を公布した。当該司法解釈は2020年11月18日より施行されている。 『知的財産権証拠規定』は33条からなり、知的財産権民事訴訟における権利者の「挙証難」、証拠保全、司法鑑定、営業秘密又はその他秘密として保持される必要のある営業情報にかかわる証拠の秘密保持方法などについて具体的に規定しており、知的財産権民事訴訟における証拠にかかわる顕著な問題の解決を旨としている。...
もっと見る

最高裁判所が著作権保護の強化に関する意見を発表

Dec 30, 2020 知財ニュース |
先頃、最高裁判所が『著作権と著作権にかかわる権利の保護の強化に関する意見』(以下、『意見』という)を発表した。『意見』は、知的財産権裁判の質と効率の向上によって、文学、芸術及び科学分野の著作権保護を着実に強化し、著作権裁判を十分に利用して文化育成を規範化、指導、促進、保障し、中国全体のイノベーションの活力を刺激し、社会主義精神文明の構築を推進し、文化事業と文化産業の繁栄を促進し、国の文化のソフトパワーと国際競争力を高め、経済社会の質の高い発展に寄与することを要求している。 『意見』...
もっと見る

国家版権局 法執行部門が権利侵害と認定できる場合は鑑定不要

Dec 30, 2020 知財ニュース |
中国国家版権局は意見公募を経て、11月15日に『著作権の行政法執行における証拠審査・認定業務の更なる改善についての通知』(以下、『通知』という)を発表した。『通知』は、著作権行政法執行部門は申立人が提出した権利帰属証明書類と権利侵害証拠に基づいて被申立人の行為が権利侵害を構成すると認定できる場合は鑑定機構に鑑定を委託しなくてもよいと明確にしている。また、著作権行政法執行部門は、法により著作権詐称、授権書偽造などの方式で他人の作品を不正に利用する権利侵害行為を取り締り、権利帰属不明、...
もっと見る

CIIEの自動車展示エリアで示されたこれからのモビリティー

Dec 1, 2020 知財ニュース |
将来、「車のあり方」はどのように変わるのだろう。第3回中国国際輸入博覧会(CIIE)(訳注:2020年11月4日から10日にかけて、上海国家コンベンションセンターで開催)では、世界上位7社の自動車メーカーが出展し、30の新製品と新技術が展示され、これからのモビリティーのあり方が示された。 中国国際輸入博覧局の関係者によると、第3回CIIEの自動車展示エリアの面積は3万平方メートルであり、完成車、自動車部品、自動車サービスなどの展示のほか、専門的な自動車プラットフォームの構築にも取り組み、...
もっと見る

チャイナテレコム5G SAが大規模商用化を実現

Dec 1, 2020 知財ニュース |
チャイナテレコム(中国電信)とクアルコムが共同で開催した天翼(esurfing)スマートエコロジー博覧会が11月7日に広東省広州市で催された。「第12回天翼スマートエコロジー産業フォーラム」で、チャイナテレコムの李正茂社長は、経済・社会のデジタルトランスフォーメーションを促進するために、チャイナテレコムは5G SA(スタンドアローン)ネットワークの大規模商用化を実現したと発表した。300以上の都市をカバーする、合計320,000ヶ所以上の5G基地局が開設されたという。...
もっと見る

Pages