TRABの商標権利付与・権利確定行政応訴事件における主要敗訴原因の分析及び出願人に対する啓発

Jul 1, 2019

要旨  中国の商標権利付与権利確定行政訴訟事件において、法院は「商標類似」、「商品類似」、「事情変更」、「新証拠の採用」に対する異なる認知が被告側のTRAB(元中国商標評審委員会)の4大主要な敗訴原因に繋がった。そのうち、特に「事情変更」、「新証拠の採用」による敗訴率がずっと高い。

もっと見る
筆者
商標関連

北京高級裁判所が新たな「専利侵害判定指南」を公布

May 2, 2017

   2017年4月20日、北京市高級裁判所が新たな「専利侵害判定指南」を公布した。

 今回新たに公布された「専利侵害判定指南」は、裁判業務における最優先課題を解決し、裁判基準を統一し、北京市高級裁判所の裁判業務経験の総括を融合させ、最新の関連法律法規及び司法解釈に適合するため、2013年に公布された「専利侵害判定指南」を改正したものである。

もっと見る
筆者
特許関連

「一事不再理」原則が中国の商標行政案件における手続要求及び実体条文適用の問題について

Oct 13, 2016

「一事不再理」原則が商標行政案件における手続要求

もっと見る
筆者
商標関連

新加坡公告新的地理标志法案

Jul 28, 2014

2014年4月14日,新加坡议会通过了新的地理标志法案,2014年5月23日对外公告。该法案目前尚未正式生效,但它生效后将取代现行的地理标志法案。

    新加坡现行的地理标志法案根据TRIPS协议标准提供保护,并没有规定地理标志的注册体系。根据TRIPS协议,现行的地理标志规定提供的是一种双层保护模式,具体如下:

もっと見る
筆者

关于突破商品服务分类表的审查实践之变化

Dec 21, 2012

    商标法第十九条规定,申请商标注册的,应当按规定的商品分类表填报使用商标的商品类别和商品名称。这里的“商品分类表”指的是商标局依据尼斯分类编纂的《类似商品和服务区分表》,目前已经是第十版。

もっと見る
筆者

商標審査実務の変化について――商品分類表の制限を突破した事件を例として

Dec 21, 2012

   商標法第19条には、「商標登録を出願するときは、定められた商品分類表に基づき商標を使用する商品類及び商品名を明記しなければならない」との規定がある。ここで言う「商品分類表」とは中国商標局がニース分類に基づいて編纂した『中国商標に関する商品及び役務の類似基準』を指している。

もっと見る
筆者
商標関連

中美欧创造性判断之比较与思考

Aug 7, 2012

摘 要: 本文通过对中美欧专利法规中有关创造性的规定以及判断创造性的方法进行比较,引发对于中国专利审查实践中对创造性判断的一些思考。本文详细地分析了美国的TSM(teaching-suggestion-motivation)准则,欧洲“技术问题-技术方案法”和中国的三步法的区别,以及每种判断方法的利弊。此外,本文还讨论了具有中国特色的“显著的进步”的必要性问题。

もっと見る
筆者

公知常识的举证

Jun 17, 2011

在创造性判断中,当区别特征被确定为公知常识时,则技术方案不具备创造性。因此,对于公知常识的认定和运用十分重要。由于对公知常识的性质、范围把握不准确,导致了在实审、复审、无效以及诉讼阶段中出现对公知常识滥用的问题。

    1、 公知常识的定义

もっと見る
筆者