You are here

最高検察院が記者会見で検察機関の知財権司法保護強化状況を発表

May 29, 2018 知財ニュース |
最高検察院(以下、「最高検」と称する)は4月25日、「知財権の尊重、司法保護の強化」をテーマに記者会見を開き、検察機関の知財権司法保護強化の状況を通達した。記者会見では、検察機関は2017年に、知財権に係わる犯罪案件3674件、6809人を起訴し、知財権民事紛争に係わる民事行政検察案件について、38件の当事者の提訴を支援したことが明らかとなった。  「北京市検察機関は偽物IPHONEの越境受託製造案件の起訴に成功し、江蘇省泰州市検察機関は偽「太太楽」調味料製造販売の一連の案件において、...
もっと見る

中国科学技術協会:中国の科学技術論文と専利の数が世界トップレベルに

May 29, 2018 知財ニュース |
先頃、中国科学技術協会が北京で『2016~2017学科発展研究に関する中国科学技術協会の一連の報告』を発表した。同『報告』によると、中国が2016年に投じた研究開発費は1兆5676億7千万人民元で、EU15カ国の平均レベルを上回った。 ここ二年、中国の学科発展は長足の進歩を遂げた。主に次のようなポイントがある。2016年に全国の研究開発への経費投入がEU15カ国の平均レベルを2.08%上回る勢いで安定的に成長した。科学技術論文や専利が急成長段階に入り、その絶対数は世界上位となった。...
もっと見る

中国初のGUI意匠無効申立案件に審決

May 29, 2018 知財ニュース |
先頃、中国初のGUI(グラフィカルユーザインターフェース)意匠の無効申立てに関する一連の案件について、国家知識産権局専利復審委員会はうち2件の意匠を全部無効、1件を権利維持とする審決を下した。  この一連の案件の当事者双方はともに中国インターネット業界の有名企業であり、訴訟請求金額は1000万元にも達し、業界の注目を集めていた。これらの案件は三つのGUIを含む意匠に係わる。審決の内容を見ると、GUIを含む意匠と従来意匠の比較・判断、新規性猶予期間の認定、...
もっと見る

中国の商標登録審査周期が2020年までに4ヶ月以内に短縮される予定

May 29, 2018 知財ニュース |
国家知識産権局商標局の陳文彤副局長は4月26日、先頃公布された『商標登録利便化改革三ヵ年推進計画(2018-2020年)』に従って、中国の商標登録審査周期を2018年末までに6ヶ月に、2020年には4ヶ月以内に短縮すると述べた。  社会全般の起業・革新活力と商標意識の継続的な高まりに伴い、ここ五年間、中国商標登録出願数は年平均29%の成長率で増加し、2017年の商標登録出願数は同期比55.7%増の574.8万件に達した。商標の膨大な既存数と増加数は、...
もっと見る

商務部報告書:2017年に知財権ライセンス料の輸出が3.2倍増

May 29, 2018 知財ニュース |
先頃、商務部総合司と国際貿易経済協力研究院が共同で『中国対外貿易情勢報告(2018年春)』(以下『報告』と略す)を発表した。中国のサービス貿易状況について、『報告』は「2017年は輸出の成長率が7年ぶりに輸入を上回り、うち知財権ライセンス料の輸出は3.2倍増であった」と示している。 『報告』によると、2017年の中国のサービス輸出入総額は4兆6991億1000万人民元で、2016年より6.8%増加した。うち、サービス輸出は10.6%増の1兆5406億8000万元、サービス輸入は5.1%...
もっと見る

国務院常務会議:8月1日より専利登録費などの費用の徴収を停止

May 29, 2018 知財ニュース |
 李克強国務院総理は4月4日に国務院常務会議を開き、企業負担を一段と軽減し、実体経済のコストダウンを決定し、ブロードバンド・ネットワークの回線速度向上、回線費用の低減についての報告を聞き取り、デジタル経済の発展と情報の消費を推進し、海外留学帰国者の起業・イノベーションを支援し、人材の誘致を強化することを確定した。  同会議は、中央政府の全般的配置と要求を実行し、企業に対する費用徴収をさらに規範化し、市場主体の負担を軽減するため、8月1日より専利登録費などの料金徴収を停止し、...
もっと見る

国務院弁公庁が『知財権対外譲渡に関する作業規則(試行)』を公布

May 29, 2018 知財ニュース |
先頃、中国国務院弁公庁が『知財権対外譲渡に関する作業規則(試行)』(以下は『規則』と略す)を公布した。同規則は知財権の対外譲渡に関する審査の範囲、内容、手続きおよびその他事項を規定している。本規則は公布日より試行される。  『規則』は「技術輸出、外国投資家による中国国内企業の合併買収などの活動における国家の安全保障に関わる知財権の対外譲渡行為について審査を行うことを規定している。審査の類型には専利権、集積回路配置図設計専有権、コンピューターソフトウェア著作権、...
もっと見る

2017年に商標行政民事案件数が大幅増

May 29, 2018 知財ニュース |
先頃、第三回『商標行政法執行と司法保護の連携ハイレベルフォーラム』が北京で開催された。同フォーラムによると、2017年に商標民事訴訟一審案件数が増加を続け、各地方裁判所で知財権民事訴訟一審案件計20万件余りを新規受理した。うち、商標民事訴訟案件が同期比39.58%増の37946件で、商標行政訴訟案件が同期比30%増の8820件であった。なお、商標に関わる刑事案件で、各級地方裁判所が結審した知財権侵害罪の一審案件は同期比6.69%減の3642件であった。  ...
もっと見る

2017年 中国のデジタル経済規模が27兆2000億元に

May 29, 2018 知財ニュース |
中国国家インターネット情報弁公室が5月9日に発表した『デジタル中国建設発展報告(2017年)』のデータによると、2017年に中国のデジタル経済規模は20.3%増の27兆2000億元に達し、GDPの32.9%を占め、経済発展の方式転換とレベルアップを牽引する重要な原動力となっている。  報告によると、デジタル産業化の面で、新技術、新産業、新業態、新モデルが次々と現れている。2017年、中国の情報消費規模は同期比15.4%増の4兆5000億人民元で、成長率は2016年の最終情報消費の二倍ほどで、...
もっと見る

4月末までの中国の地理的表示の登録総数は4150件

May 29, 2018 知財ニュース |
5月14日、国家知識産権局商標局の「地理的表示による的確な貧困扶助」についての西部第一回宣伝説明会が広西壮族自治区南寧市で開催され、今年4月末現在の中国で登録済みの地理的表示は4150件であり、地理的表示による的確な貧困扶助が明らかな成果を収めていることが分かった。  説明によると、2018年4月末までに、中国では地理的表示に関する団体商標と証明商標4150件が認可され、うち半数以上の地理的表示が地域経済の基幹産業となり、現地の就職率や所得の向上、経済発展に貢献している。ここ七年来、...
もっと見る

Pages